本文へジャンプ
     
REN空術

 

【少し詳しいREN空術の解説】

患者さんと施術者の間で共有する特定の「ルール」(概念の場)を形成し、独特の情報修正技術を
使って、心身に現れる「症状」の改善を図って行きます。
REN空術の情報修正は、「脳」が認識している歪んだ情報を身体のあらゆる部位に反映し、その反映
した情報を修正することで筋骨格系や精神的な症状の改善を図っていく「スクリーン技術」という独特な
修正技術を使います。

この「情報修正」を行う為の理論が、「場の理論」になります。
「スクリーン技術」を使って「情報修正」を行う為には、この「場の理論」を熟知してREN空術を運用する
事が大前提になります。
REN空術では、「場」を組み立てて行く上で大切な要件の一つとなる「氣」を回すための鍛錬として、
「空式八段」という「呼吸法」を行って居ます。

この鍛錬を通じて施術家で在る自らの身体に太極を刻すことで、患者さんの陰陽調整の効果を引き上
げるのみならず、REN空術そのものの効果も高めることが出来ます。
REN空術とは呼吸法で育てる「施術法」だと定義する事も出来るでしょう!!

「REN空術」とは
・「場の理論」
・「情報修正技術」
・「呼吸法」
の三本柱で支えられる独特なエネルギーワークという事になります。